• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勘三郎なきコクーン歌舞伎 役者も脚本もいいが熱狂消えた

 今年のコクーン歌舞伎は「切られの与三」。女形の中村七之助(35)が与三郎を演じ、コクーン歌舞伎初出演の中村梅枝がお富という配役。瀬川如皐の「与話情浮名横櫛」を、「木ノ下歌舞伎」を主宰する木ノ下裕一が大胆に脚色しており、実質的には新作といっていい。

 原作は長い芝居で、全部が上演されることはない。与三郎とお富が出会う場面と、「しがねえ恋の情けが仇」のせりふが有名な再会の場面だけが頻繁に上演されるが、今回は再会後の二転三転する物語までが上演される。

 ストーリーは面白いし、役者もいい。しかし、劇場にはかつてのコクーン歌舞伎にあった熱狂はない。「クール歌舞伎」とでも呼べばいいのだろうか。熱狂すればいいわけではないから、冷たさが狙いだというなら、それはそれでいいのだが。

 演出・美術は串田和美。コクーン歌舞伎は、古典をいったん壊して再解釈して提示するのをコンセプトとして始まった。勘三郎がいた頃は、串田が壊そうとするのに勘三郎が抵抗し、そのぶつかり合いがエネルギーとなって傑作を生んできた。勘三郎亡き後は、若い作家を起用し、串田と歌舞伎役者との三つ巴から何かを生み出そうとしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る