勘三郎なきコクーン歌舞伎 役者も脚本もいいが熱狂消えた

公開日: 更新日:

 今年のコクーン歌舞伎は「切られの与三」。女形の中村七之助(35)が与三郎を演じ、コクーン歌舞伎初出演の中村梅枝がお富という配役。瀬川如皐の「与話情浮名横櫛」を、「木ノ下歌舞伎」を主宰する木ノ下裕一が大胆に脚色しており、実質的には新作といっていい。

 原作は長い芝居で、全部が上演されることはない。与三郎とお富が出会う場面と、「しがねえ恋の情けが仇」のせりふが有名な再会の場面だけが頻繁に上演されるが、今回は再会後の二転三転する物語までが上演される。

 ストーリーは面白いし、役者もいい。しかし、劇場にはかつてのコクーン歌舞伎にあった熱狂はない。「クール歌舞伎」とでも呼べばいいのだろうか。熱狂すればいいわけではないから、冷たさが狙いだというなら、それはそれでいいのだが。

 演出・美術は串田和美。コクーン歌舞伎は、古典をいったん壊して再解釈して提示するのをコンセプトとして始まった。勘三郎がいた頃は、串田が壊そうとするのに勘三郎が抵抗し、そのぶつかり合いがエネルギーとなって傑作を生んできた。勘三郎亡き後は、若い作家を起用し、串田と歌舞伎役者との三つ巴から何かを生み出そうとしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る