クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ハンズ・オブ・ストーン(2016年・パナマ、米国)

公開日:

 日本ボクシング連盟のドタバタ劇は呆れるばかりだが、本作はいい。米国統治下のパナマのスラムで育ったロベルト・デュランは、学校に通うことができず、字が読めない。その日の食事に困っていたところ、ボクシングジムでボクシングに出合った。

 彼のケンカぶりから才能を見抜いたパナマ人トレーナーの指導で練習に励み、メキメキと頭角を現していく。その姿が米国人トレーナーのレイ・アーセルの目に留まり、伝説のボクサーへの階段を上っていく。

 デビュー当初、後に妻となる金髪美女に出会って一目惚れ。交際を申し込むと、家柄の違いを指摘され、断られる。そんな彼女に返した言葉だ。

 自分も貧乏だったことを逆手に取っているが、世界チャンプになってからも、空腹になることを心底嫌っていた。

 ボクシング映画の名作「レイジング・ブル」では、実在のボクサー役をロバート・デ・ニーロが好演。驚異的な演技でアカデミー主演男優賞に輝いた。そのデ・ニーロがアーセル役を渋く演じているのが興味深い。主役を食うほどの存在感はさすがだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る