田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

公開日:

 漫才の巨匠を父に持つ彼は、2世ブームに乗ってドラマの撮影で東京に来るようになったのがきっかけでした。テレビ関係の方に連れてこられたのでした。そんな男の子が20歳も離れた私に、東京のマンションが近いこともあって「私の部屋に行きたい」とアピールしてきました。とはいえ、さすがに30代半ばの銀座の女としては躊躇します。

 お店の後に一緒に食事に行ったのが3回くらい続いたでしょうか。どうしても帰ろうとせず、私の部屋に来たのです。「こんなところに来て大丈夫なの?」と聞くと、「僕は12歳の時に芸人の先輩たちに連れられて童貞を卒業しているから」と一生懸命アピールしてくるので、ついに根負けして体を許してしまいました。16歳の男の子は瞳はキラキラと澄んでいて、肌のきめ細かさといったら赤ちゃん同然。髪のウエーブや寝顔は天使のよう。タレントでもあるお母さんの血筋を思わせる愛らしさがありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る