• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ガール”が接客 銀座「フーターズ」が30分50円で仕事場に

 ノートパソコンやタブレットがあれば、仕事はどこでもできる。自宅や会社の外で仕事をする人にとって、無線通信Wi―Fiが整ったスポットは使い勝手がいい。コーヒーチェーンやファミレスなどでは、休憩する人に交じって、メールや書類を作成している人をよく目にするだろう。

 実は、意外な店でWi―Fiが使えるのをご存じか。タンクトップにホットパンツ姿の女性がおなじみの「HOOTERS(フーターズ)」で、ワークスペースとして利用できるのは銀座店だ。

 このサービスは、会議室シェアリングサービスの「スペイシー」とフーターズがコラボしたもの。利用したい人は、事前にスペイシーに会員登録し、銀座店に設置してある顔認証タブレットでチェックインすればOK。ワークスペースは20席あり、もちろんフーターズガールが接客してくれるぞ。


「料金は30分ごとに50円で、スペイシーを利用される方は、280~400円のドリンクを一律200円で提供します。いつもと違う環境で仕事をすることで、斬新なアイデアが生まれるかもしれませんよ」(スペイシー広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る