「濹東綺譚」 若い女への情愛に揺れる…“大人のメルヘン”

公開日:

1992年 新藤兼人監督

 津川雅彦の死去で真っ先に思い出したのが本作。永井荷風の同名小説をドラマ化した。

 昭和初期の東京。作家の荷風(津川)は若い愛人を囲い、バーの女給に手を出して脅されるなど放蕩をくり返していた。そんなおり、玉の井を散策中にお雪(墨田ユキ)という娼妓と出会って馴染みになる。次第にお雪への情が深まる荷風。ついには「私をお嫁さんにして」という頼みを承諾するのだった……。

 本作の公開当時、AV界で「彼女はうまくやったね」という声が上がった。彼女とは墨田のこと。実は彼女は87年に「雨宮時空子(あまみやときこ)」の名でデビューしたAV女優だった。新藤監督はそのことを知らずに墨田を起用。後日苦笑した。

 AV出身の墨田は演技の修業をしたことがないのか、セリフはまるで素人。だが、そのぎこちなさが女の純情可憐さをうまく表現している。甘えるように「あなた」と呼ぶ声が可愛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る