「濹東綺譚」 若い女への情愛に揺れる…“大人のメルヘン”

公開日: 更新日:

1992年 新藤兼人監督

 津川雅彦の死去で真っ先に思い出したのが本作。永井荷風の同名小説をドラマ化した。

 昭和初期の東京。作家の荷風(津川)は若い愛人を囲い、バーの女給に手を出して脅されるなど放蕩をくり返していた。そんなおり、玉の井を散策中にお雪(墨田ユキ)という娼妓と出会って馴染みになる。次第にお雪への情が深まる荷風。ついには「私をお嫁さんにして」という頼みを承諾するのだった……。

 本作の公開当時、AV界で「彼女はうまくやったね」という声が上がった。彼女とは墨田のこと。実は彼女は87年に「雨宮時空子(あまみやときこ)」の名でデビューしたAV女優だった。新藤監督はそのことを知らずに墨田を起用。後日苦笑した。

 AV出身の墨田は演技の修業をしたことがないのか、セリフはまるで素人。だが、そのぎこちなさが女の純情可憐さをうまく表現している。甘えるように「あなた」と呼ぶ声が可愛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  3. 3

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  4. 4

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    GM作物は子供が好む菓子に含まれているがなぜか表示はない

  10. 10

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る