• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「しとやかな獣」ネコババ、妾、ヤリマンが描く倫理観崩壊

1962年 川島雄三監督

 新藤兼人の脚本を「洲崎パラダイス赤信号」「幕末太陽傳」の川島雄三監督が映画化したブラックコメディーの傑作。

 10月の蒸し暑い日、マンモス団地に住む前田時造(伊藤雄之助)は息子の実(川畑愛光)が勤める芸能プロの香取社長(高松英郎)と経理担当社員・幸枝(若尾文子)の訪問を受ける。香取は実が会社のカネ100万円を着服したので責任を取れというのだ。

 香取が出て行くと流行作家・吉沢の妾になっている娘の友子(浜田ゆう子)が帰宅。実と友子は時造の操り人形で、実はネコババしたカネを時造に渡し、時造は友子にぞっこんの吉沢から大金をかすめ取っている。一方、実は幸枝と男女の間柄でカネを貢いでいた。幸枝はそのカネで旅館を建てて会社を退社。実との別れ話の中で彼女が香取、計理士、税務署員とも肉体関係だったことが明らかに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る