「しとやかな獣」ネコババ、妾、ヤリマンが描く倫理観崩壊

公開日:

1962年 川島雄三監督

 新藤兼人の脚本を「洲崎パラダイス赤信号」「幕末太陽傳」の川島雄三監督が映画化したブラックコメディーの傑作。

 10月の蒸し暑い日、マンモス団地に住む前田時造(伊藤雄之助)は息子の実(川畑愛光)が勤める芸能プロの香取社長(高松英郎)と経理担当社員・幸枝(若尾文子)の訪問を受ける。香取は実が会社のカネ100万円を着服したので責任を取れというのだ。

 香取が出て行くと流行作家・吉沢の妾になっている娘の友子(浜田ゆう子)が帰宅。実と友子は時造の操り人形で、実はネコババしたカネを時造に渡し、時造は友子にぞっこんの吉沢から大金をかすめ取っている。一方、実は幸枝と男女の間柄でカネを貢いでいた。幸枝はそのカネで旅館を建てて会社を退社。実との別れ話の中で彼女が香取、計理士、税務署員とも肉体関係だったことが明らかに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る