「しとやかな獣」ネコババ、妾、ヤリマンが描く倫理観崩壊

公開日:

1962年 川島雄三監督

 新藤兼人の脚本を「洲崎パラダイス赤信号」「幕末太陽傳」の川島雄三監督が映画化したブラックコメディーの傑作。

 10月の蒸し暑い日、マンモス団地に住む前田時造(伊藤雄之助)は息子の実(川畑愛光)が勤める芸能プロの香取社長(高松英郎)と経理担当社員・幸枝(若尾文子)の訪問を受ける。香取は実が会社のカネ100万円を着服したので責任を取れというのだ。

 香取が出て行くと流行作家・吉沢の妾になっている娘の友子(浜田ゆう子)が帰宅。実と友子は時造の操り人形で、実はネコババしたカネを時造に渡し、時造は友子にぞっこんの吉沢から大金をかすめ取っている。一方、実は幸枝と男女の間柄でカネを貢いでいた。幸枝はそのカネで旅館を建てて会社を退社。実との別れ話の中で彼女が香取、計理士、税務署員とも肉体関係だったことが明らかに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る