• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「昼顔」の名をもらい…娼婦を楽しむ美しい貴婦人の二面性

1967年 ルイス・ブニュエル監督

 C・ドヌーブが24歳の全裸をシースルーで披露した快作。ブニュエル作品にしては分かりやすい。先日BD&DVDが発売された。

 セブリーヌ(ドヌーブ)は医師の妻として上流階級に身を置く美女。不感症を理由に夫とはセックスレスだが、半裸にされて男にムチ打たれる自分を妄想している。

 ある日、彼女は街の売春宿で良家の夫人が体を売っていると聞き、興味を抱く。数日後、売春宿の面接を受けて「昼顔」の源氏名をもらい、男たちに身を任せる。カネが目当てではない。背徳の快楽に酔いしれたいのだ。

 セブリーヌは下卑た男どもに抱かれ、陶然たる表情で「最高に感じたわ」と呟く。だがチンピラの客に好意を抱いたことで運命が一変するのだった……。

 人も羨むセレブ美女が夫とのセックスを拒絶しながら体を売るのは現代の日本でも起きている。「自分が商品になる感覚がたまらない」「お客から愛情の言葉を受けると涙が出るほどうれしい」「一日に何人もの男性と肌を合わせたい」などさまざまな理由でヘルスやソープでバイトしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る