「SUNNY 強い気持ち・強い愛」監督が語る“リメーク術”

公開日:

 篠原涼子(45)、広瀬すず(20)ら豪華女優陣がずら~りと結集! この秋一番パワフルな群像ムービー「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(東宝系)が31日公開された。2011年に韓国で観客動員740万人を記録した「サニー 永遠の仲間たち」を日本版として製作。脚本・監督を務めた大根仁氏(49)は、オリジナル作品を劇場で3度観賞。「どんだけ好きなんだって話ですが、複数回見るのは、一種の職業病みたいなもの」と苦笑いする。

「2度、3度と通うのは分析のためです。1回見ただけではどうしても見逃してしまう部分がある。照明、撮影、音楽など映画製作にまつわるあらゆる要素を把握するには、繰り返し見ることが必要。純粋に物語を楽しむのではなく構造を確かめに行くんです。デビッド・フィンチャーの作品なんかは5、6回見ないと分かりませんからね」

 これまでも原作モノやリメークを手がけてきた。そのたびに複雑な心境にもなるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る