「SUNNY 強い気持ち・強い愛」監督が語る“リメーク術”

公開日:

 篠原涼子(45)、広瀬すず(20)ら豪華女優陣がずら~りと結集! この秋一番パワフルな群像ムービー「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(東宝系)が31日公開された。2011年に韓国で観客動員740万人を記録した「サニー 永遠の仲間たち」を日本版として製作。脚本・監督を務めた大根仁氏(49)は、オリジナル作品を劇場で3度観賞。「どんだけ好きなんだって話ですが、複数回見るのは、一種の職業病みたいなもの」と苦笑いする。

「2度、3度と通うのは分析のためです。1回見ただけではどうしても見逃してしまう部分がある。照明、撮影、音楽など映画製作にまつわるあらゆる要素を把握するには、繰り返し見ることが必要。純粋に物語を楽しむのではなく構造を確かめに行くんです。デビッド・フィンチャーの作品なんかは5、6回見ないと分かりませんからね」

 これまでも原作モノやリメークを手がけてきた。そのたびに複雑な心境にもなるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る