再来年春までギッシリ 広瀬すずに出演ラブコール続くワケ

公開日:

 この半年間でドラマや映画のプロデューサー陣から指名率が一気に倍増と評判になっているのが、女優の広瀬すず(19)だ。すでに19年春までスケジュールがパンパンに埋まっているという。

 10代最後の年となる来年、日本テレビが1月期ドラマ「anone(仮)」で主役に起用すると発表している。「Mother」(2010年)や「Woman」(13年)に次ぐ坂元裕二オリジナル作品の3作目。共演者として前作2本に出演している田中裕子(62)のキャスティングが発表されたが、「ほかに阿部サダヲ、小林聡美、瑛太らの出演が内定している。豪華かつ個性派の面々で脇を固める布陣は日テレの気合の表れ。来年上半期イチ押しのドラマです」(制作関係者)。

 続く4月期にオファーしたのはTBS。「花より男子シーズン3(仮)」(金曜22時)のヒロインに大抜擢である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る