再来年春までギッシリ 広瀬すずに出演ラブコール続くワケ

公開日: 更新日:

 この半年間でドラマや映画のプロデューサー陣から指名率が一気に倍増と評判になっているのが、女優の広瀬すず(19)だ。すでに19年春までスケジュールがパンパンに埋まっているという。

 10代最後の年となる来年、日本テレビが1月期ドラマ「anone(仮)」で主役に起用すると発表している。「Mother」(2010年)や「Woman」(13年)に次ぐ坂元裕二オリジナル作品の3作目。共演者として前作2本に出演している田中裕子(62)のキャスティングが発表されたが、「ほかに阿部サダヲ小林聡美瑛太らの出演が内定している。豪華かつ個性派の面々で脇を固める布陣は日テレの気合の表れ。来年上半期イチ押しのドラマです」(制作関係者)。

 続く4月期にオファーしたのはTBS。「花より男子シーズン3(仮)」(金曜22時)のヒロインに大抜擢である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る