広瀬すずが脱清純派 映画「怒り」で見せた覚悟と渾身演技

公開日: 更新日:

「あそこまでの演技をされてしまっては同世代の女優がいくら頑張っても追いつくのは難しい。よくぞ、やったという感じです」

 ライバル女優を抱える芸能プロ幹部がそう白旗をあげるのだから大したものである。女優の広瀬すず(18)がスクリーンで渾身の演技を披露。さらに評価を高めている。

 17日から公開される映画「怒り」(李相日監督)。「悪人」などで知られる作家・吉田修一の同名小説が原作で、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛など豪華キャストが出演。「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄を舞台に描かれる群像劇となっており、広瀬は沖縄在住の女子高生・小宮山泉を演じている。

■女優としてのターニングポイント

 原作を読み、自らオーディションを受けてゲットした役柄は、これまでの爽やかな青春モノのイメージをぶち壊す非常にリスキーな挑戦だが、文字どおり体当たりで挑んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る