広瀬すずが脱清純派 映画「怒り」で見せた覚悟と渾身演技

公開日: 更新日:

「あそこまでの演技をされてしまっては同世代の女優がいくら頑張っても追いつくのは難しい。よくぞ、やったという感じです」

 ライバル女優を抱える芸能プロ幹部がそう白旗をあげるのだから大したものである。女優の広瀬すず(18)がスクリーンで渾身の演技を披露。さらに評価を高めている。

 17日から公開される映画「怒り」(李相日監督)。「悪人」などで知られる作家・吉田修一の同名小説が原作で、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ綾野剛など豪華キャストが出演。「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄を舞台に描かれる群像劇となっており、広瀬は沖縄在住の女子高生・小宮山泉を演じている。

■女優としてのターニングポイント

 原作を読み、自らオーディションを受けてゲットした役柄は、これまでの爽やかな青春モノのイメージをぶち壊す非常にリスキーな挑戦だが、文字どおり体当たりで挑んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る