「SUNNY 強い気持ち・強い愛」監督が語る“リメーク術”

公開日: 更新日:

「大好きな作品なのにダメ出しをしなければならないこともある。何回か見ているうちに“こうすればよくなるのに……”みたいなことを考えるわけです。ただ、今作はプロット自体はとてもよくできていたので、最初に大きな流れを変えないことを決めました」

 1980年代の韓国の民主化運動を描いた原作に対し、大根作品は、「青春音楽映画」というオリジナルの世界観を踏襲しながら、90年代のコギャル文化にスポットを当てた。企画が立ち上がったのは6年前。「コギャル世代がアラフォーになるまで待っていた」と明かす。劇中では小室哲哉安室奈美恵らJ―POPの大ヒットソングが流れる。引退は想定外も「安室ちゃんなら25周年の年には何かやるだろうなって思っていた」とタイミングを見計らった上で満を持しての公開だ。

広瀬すずにはコメディエンヌ的要素が

 女性を主人公に据えた映画は今作が初めてだが、主人公の高校生パートを演じた広瀬すずについては、日刊ゲンダイで連載の「大根仁が女優たちに告ぐ!」(15年6月16日付)で〈仕事してえ!! 撮りたい!!〉と思いの丈をつづっていた。とある作品のオーディションを受けに来た当時から演技力はズバぬけていたと評している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る