片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

自転車で転倒し全治2カ月も…「骨折は名誉みたいなもん」

公開日:

 RCサクセションのヒット曲「雨あがりの夜空に」(1980年)のモチーフとなった愛車サニークーペの廃車後、清志郎が次に購入したのはポルシェだった。

「86年、ある写真週刊誌の企画として、清志郎さんは『ポルシェでアウトバーンを走ってみたい』と提案。私も衣装係でドイツ取材に同行しました。制限速度がない区間では、200キロくらいで飛ばしてたんじゃないかしら」と片岡さんは語る。

「凝り性の清志郎さんの極め付きは、50歳で本格的に始めたロードバイク(自転車)ですね」

 きっかけは、雪崩に遭った息子を80歳の父親が吹雪の中を捜し歩き、無事に救出したというニュースだった。「自分にはそんな体力があるのか?」と衝撃を受けた清志郎は、徒歩で鹿児島まで行くことを思い立つ。

 しかし、徒歩だと挫折して電車など交通機関に頼ってしまうかもと、自転車による「ツール・ド・鹿児島」(2001年)を決行することに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る