片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

温泉場のストリップの帰り道「しみじみしちゃうよなぁ」

公開日:

 清志郎のロックにかける情熱は、どこか求道者のようなストイックさがある。聴衆や権力にこびることなく、オリジナルの音楽を終生、追求し続けた。その隠し味とも言うべき、清志郎のセンスはどこにあるのか。

「それは、何か少し『外す』ことだと私は思うのです。例えば、清志郎さんのメークはアイシャドーがはみ出たりして、外見をキレイにするためのものではないし、音楽についても『完璧過ぎるのはおもしろくない』と。後年は『汗で落ちていくメークも、またいいもんだよ』とも言ってました。それに、存在そのものが、そこはかとなくキュートだとも思います。そもそも、清志郎さんがド派手なメークと衣装で楽屋でコーヒー飲んでたり、廊下で鉢合わせしたりすると、こちらはかなりびっくりするわけで、そこでは現実とワンダーランドを共存させながら、そのどちらからも外している。耽美的なビジュアルバンドとは違う。そこにまた平然としたたたずまいでいる清志郎さんは、道化一歩手前のトリックスターのようにも思えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る