片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「新NY者」のロケでトラブル 清志郎の寛大さを垣間見た

公開日:

 活動休止直前のRCサクセションにとって、1989年とはどのような年だったのか。

 88年にリリースしたアルバム「カバーズ」は、所属レコード会社からの発売中止という波乱で世間を賑わせた。89年11月には、清志郎の覆面バンド「タイマーズ」が、社会の矛盾を突いたアルバムをリリース。89年2月から3月にかけて、清志郎のソロワークとして米国ロサンゼルスで録音された音源はリリースに至らず。RCのスタジオ盤も制作されなかった。異例にも、ニューアルバムのリリースがないまま、ツアーで全国を巡ることに。

 清志郎は「レコード会社の都合で、発売中止になってしまうレコードなんて信用できない。ライブをテープレコーダーで録音して、友達にダビングしてくれ」とステージから言い放ち、新曲を披露。もろもろの亀裂が生じ、RC本体が揺らいだ年だったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る