片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「オレは最初からわざわざ穴をあけた服は好きじゃなんだ」

公開日: 更新日:

 忌野清志郎の画力は、「ぼくの好きな先生」(1972年)のモチーフとなった高校時代の恩師、美術の小林晴雄氏によって早くから認められていた。美大進学についても、周囲の誰もが疑っていなかったのではないか。

 RCサクセションのベーシストで清志郎の竹馬の友である小林和生(リンコ)から聞いた回想を、片岡さんは語る。

「高校時代、清志郎さんは油絵、リンコさんは彫刻を目指して、国立市のデッサン教室に通っていた。木炭デッサンは消しゴムに食パンを使うそうですが、清志郎さんはおいしいと評判のパン屋まで出かけて、人気のフランスパンを使ってたんですって(笑い)。画家気取りで、ベレー帽もかぶり始めて(笑い)。独特のユーモア感覚でしょう? 美術の部室では、自分でピンク色に塗った白衣ならぬ、“ピンク衣”を着たり、通学に使っていた50㏄のバイクの右側と左側を色違いに塗って、『行きと帰りで、違うバイクに見えるだろう?』と自慢していたり、かなりの奇想天外ぶりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る