片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「売れると、飲みたくもないお茶が出てくるんだよ」

公開日:

 RCサクセションが出演したNHK教育(現・Eテレ)の若者向け討論番組「YOU」の反響は凄まじかった。

 これより以前、RCサクセションは「アサヒグラフ」(81年2月13日号)の表紙にも取り上げられている。特集記事では《若者の感性をうつRCサクセション》の主題のほか、副題に《サウンドのアナキスト》と付けられるところなど、実に「アサヒグラフ」らしい。

 前後の表紙人物としては、ウルフブーム真っただ中の千代の富士、行財政改革の土光敏夫らそうそうたる顔ぶれが並んでいた。

「1980年6月に発売したライブアルバム『RHAPSODY』が高く評価されました。前作から4年ぶり、アコースティックからエレキ編成になって初めてのアルバムが、スタジオ録音でなく、生の勢いが表現できるライブ盤というところに意味があったと思います。ブレークの瞬間の熱気を再現したアルバムは、のちに『ライブの王様』と呼ばれたRCのターニングポイントになりました。そして、『アサヒグラフ』という権威あるグラフ誌に箔付けされたRCは、時代のアイコンと認められたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る