片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

会報でファンに本音「闘病生活が大変だとか思わないで」

公開日: 更新日:

 2008年2月10日、「忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館」が開催された。

 開演時間の18時過ぎ、清志郎を待ちわび、割れんばかりの手拍子が武道館に大きく響く。場内が暗転、「君を呼んだのに」(1982年)のイントロとともに、ステージ上方の巨大スクリーンに療養生活中の清志郎が映し出された。

「それは、髪の毛がまるっきりない坊主頭の清志郎さんでした。抗がん剤の副作用が出た姿から、毎日、自撮りで記録写真を残したんですね。写真は走馬灯のようにコマ送りされ、徐々に髪が伸びて、ついにはメークをした衣装姿の清志郎さんになった。大歓声と涙の素晴らしいオープニングでした」

 清志郎はどうしてそこまで、自分をさらけ出すのか。

「生来のエンターテイナーぶりには驚かされるばかりです。深刻な状況下でも、俯瞰して自分を見る絶妙なバランス感覚と、たとえ転んでもただでは起きない表現者の魂。写真の中には時々、レゲエのカツラや夜店のお面をかぶったり、ところどころに自画像も紛れ込ませていた。どんな時にも、ユーモアを忘れない清志郎さんがいます。人を楽しませることで、自分も楽しんでいるように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る