新たなノーベル文学賞 村上春樹氏“辞退”で取り逃していた

公開日:  更新日:

「新たなノーベル文学賞」と報じられた賞は本来、ハルキのものだった――。

 今年のノーベル文学賞発表見送りを受け、1回限りの市民文学賞を創設したスウェーデンの「ニュー・アカデミー」のポールソン審査委員長が、共同通信の取材に最終候補を辞退した村上春樹氏が選考過程でのネット一般投票でトップ人気だったと明かした。辞退がなければ「受賞していただろう」と答えた。

 村上氏を含む最終候補4人は第1次候補47人からネット一般投票で絞り込まれた。辞退理由について、ポールソン氏は本人から「今年はノーベル賞がなくメディアの騒ぎもないので、執筆に専念できると思っていた矢先だった」と説明を受けたとした上で、「残念だが、受け入れる」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る