新たなノーベル文学賞 村上春樹氏“辞退”で取り逃していた

公開日:  更新日:

「新たなノーベル文学賞」と報じられた賞は本来、ハルキのものだった――。

 今年のノーベル文学賞発表見送りを受け、1回限りの市民文学賞を創設したスウェーデンの「ニュー・アカデミー」のポールソン審査委員長が、共同通信の取材に最終候補を辞退した村上春樹氏が選考過程でのネット一般投票でトップ人気だったと明かした。辞退がなければ「受賞していただろう」と答えた。

 村上氏を含む最終候補4人は第1次候補47人からネット一般投票で絞り込まれた。辞退理由について、ポールソン氏は本人から「今年はノーベル賞がなくメディアの騒ぎもないので、執筆に専念できると思っていた矢先だった」と説明を受けたとした上で、「残念だが、受け入れる」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る