ノーベル賞で完売続出 出版界にカズオ・イシグロ特需到来

公開日: 更新日:

 まさに「特需」だ――。

 ノーベル文学賞受賞で一夜にして大作家になったカズオ・イシグロ氏(62)。彼の作品をめぐって書店が大忙しだ。神保町の三省堂書店は6日、イシグロ作品の特設コーナーをつくり、開店から1時間半で約50冊を完売。深夜営業の代官山蔦屋書店では6日未明までに50冊がほぼ売り切れた。

 うれしい悲鳴なのがイシグロ作品を独占的に刊行している早川書房だ。同社は2年前に出版した「忘れられた巨人」(税込み1058円)を今月19日に文庫本で発売し、初版部数は2万5000部の予定だった。これを変更する。同社編集本部長の山口晶氏に聞いた。

「2万5000部を倍の5万部に増やし、発売日を13日に繰り上げることにしました。このほか過去の7作品も増刷予定で、合計で20万部分になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る