ノーベル賞で完売続出 出版界にカズオ・イシグロ特需到来

公開日:  更新日:

 まさに「特需」だ――。

 ノーベル文学賞受賞で一夜にして大作家になったカズオ・イシグロ氏(62)。彼の作品をめぐって書店が大忙しだ。神保町の三省堂書店は6日、イシグロ作品の特設コーナーをつくり、開店から1時間半で約50冊を完売。深夜営業の代官山蔦屋書店では6日未明までに50冊がほぼ売り切れた。

 うれしい悲鳴なのがイシグロ作品を独占的に刊行している早川書房だ。同社は2年前に出版した「忘れられた巨人」(税込み1058円)を今月19日に文庫本で発売し、初版部数は2万5000部の予定だった。これを変更する。同社編集本部長の山口晶氏に聞いた。

「2万5000部を倍の5万部に増やし、発売日を13日に繰り上げることにしました。このほか過去の7作品も増刷予定で、合計で20万部分になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る