ノーベル賞で完売続出 出版界にカズオ・イシグロ特需到来

公開日:  更新日:

 まさに「特需」だ――。

 ノーベル文学賞受賞で一夜にして大作家になったカズオ・イシグロ氏(62)。彼の作品をめぐって書店が大忙しだ。神保町の三省堂書店は6日、イシグロ作品の特設コーナーをつくり、開店から1時間半で約50冊を完売。深夜営業の代官山蔦屋書店では6日未明までに50冊がほぼ売り切れた。

 うれしい悲鳴なのがイシグロ作品を独占的に刊行している早川書房だ。同社は2年前に出版した「忘れられた巨人」(税込み1058円)を今月19日に文庫本で発売し、初版部数は2万5000部の予定だった。これを変更する。同社編集本部長の山口晶氏に聞いた。

「2万5000部を倍の5万部に増やし、発売日を13日に繰り上げることにしました。このほか過去の7作品も増刷予定で、合計で20万部分になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る