村上春樹氏“密着取材”2日間…垣間見えたフクシマへの思い

公開日:  更新日:

「私たち日本人は核に対する“ノー”を叫び続けるべきだった」――原発事故から3カ月後、国際的文学賞の受賞スピーチで、そう吠えてから約4年半。

 作家の村上春樹氏(66)が被災地・福島県郡山市の文学イベントに現れた。会場では録音や写真の撮影が一切禁じられたとはいえ、“マスコミ嫌い”の世界的作家が公の場で話すのは極めてマレ。11月28、29の両日、現地で密着取材した本紙が知り得た、復興の途上にある「フクシマ」への特別な思いとは――。

「ボク、カキフライが好きなんです」

 うっすらと無精ひげを生やし、赤いチェック柄のシャツにジーパンというラフないでたちの村上氏は、独特のユーモアを交えた言い回しで自身の“創作観”を披露していった。

「妻は揚げ物が嫌いなので食卓に上ることはありませんが、とにかくボクはカキフライが好きなんです。自分でスーパーに行って食材を買って料理するんですが、独りでカキフライ作って食べるほどむなしいことはないですね。出来たては結構おいしいんですが、寂しいです。ボクは毎朝4~5時に起きてコーヒーを飲みながら、独りで頭に浮かんだ言葉と向き合います。小説は、誰かに頼まれて書くわけではありません。書きたいから書く。この作業はカキフライを作る工程と一緒です。カキフライのことを考えていれば、小説もスラスラと書けます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る