村上春樹氏“密着取材”2日間…垣間見えたフクシマへの思い

公開日:  更新日:

「私たち日本人は核に対する“ノー”を叫び続けるべきだった」――原発事故から3カ月後、国際的文学賞の受賞スピーチで、そう吠えてから約4年半。

 作家の村上春樹氏(66)が被災地・福島県郡山市の文学イベントに現れた。会場では録音や写真の撮影が一切禁じられたとはいえ、“マスコミ嫌い”の世界的作家が公の場で話すのは極めてマレ。11月28、29の両日、現地で密着取材した本紙が知り得た、復興の途上にある「フクシマ」への特別な思いとは――。

「ボク、カキフライが好きなんです」

 うっすらと無精ひげを生やし、赤いチェック柄のシャツにジーパンというラフないでたちの村上氏は、独特のユーモアを交えた言い回しで自身の“創作観”を披露していった。

「妻は揚げ物が嫌いなので食卓に上ることはありませんが、とにかくボクはカキフライが好きなんです。自分でスーパーに行って食材を買って料理するんですが、独りでカキフライ作って食べるほどむなしいことはないですね。出来たては結構おいしいんですが、寂しいです。ボクは毎朝4~5時に起きてコーヒーを飲みながら、独りで頭に浮かんだ言葉と向き合います。小説は、誰かに頼まれて書くわけではありません。書きたいから書く。この作業はカキフライを作る工程と一緒です。カキフライのことを考えていれば、小説もスラスラと書けます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る