• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また空騒ぎ? 村上春樹氏「ノーベル文学賞」へ新たなハードル

 医学・生理学賞に続いて物理学賞でも日本人がノーベル賞を受賞し、村上春樹氏(66)を信奉するハルキストたちの期待は膨らむばかりだ。文学賞の発表は8日午後8時(日本時間)。悲願は今年こそ実るのか。

「いま、村上春樹を読むこと」(関西学院大学出版会)などの著書がある文芸評論家の土居豊氏はこう言う。

「ノーベル文学賞は通好みで難解な作品を得意とする作家が選ばれる傾向が強いのですが、昨年はサプライズでした。受賞したパトリック・モディアノ氏は通俗小説家。フランスの村上春樹、あるいは渡辺淳一といってもいいかもしれません。その点ではハードルが下がったとみています」

 昨年出版した短編小説「女のいない男たち」(文芸春秋)は約40万部を発行し、14年のベストセラーにランクイン(日版調べ)。今年は米タイム誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれ、9月に発売したエッセー集「職業としての小説家」(スイッチ・パブリッシング)は「20万部を超えた」(書店関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る