悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ、バナナマン日村勇紀(46)の未成年への淫行スキャンダルは、「日村さんは被害者じゃないか」と擁護する声も多く、妻でフリーアナの神田愛花(38)に対しても「気の毒」と同情論が巻き起こっている。

 発売中の「フライデー」によると、日村は16年前、被害女性に対し「セクシーな写メ」などとメールし、頻繁に体の関係を求めていた。相手の女性はファンで、当初は21歳と年齢を偽っていたが、メールのやりとりを繰り返す中で未成年であることを打ち明けても、日村は連絡を取り続けた。女性はその詳細を誌上で告発している。

 未成年者への淫行では、元TOKIOの山口達也、小出恵介、狩野英孝に極楽とんぼの山本圭壱と、何人もの売れっ子が疑惑浮上とともにバッシングされ、書類送検されたり、仕事を失うなどしてきた。ところが日村は違った。淫行から16年が経過し、被害女性の出身地では公訴時効は3年で、時効も成立していることから「なぜ今さら」と女性に対する批判が噴出。「今さらなのに、きちんと謝罪コメントを出した日村は立派」などと、女性へのバッシングまで出てきているのだ。日村は生放送で謝罪。それでもうおとがめなしで、今のところ仕事も続けている。スポーツ紙芸能記者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る