在りし日の若松プロを映画に 愛弟子だった白石監督に聞く

公開日: 更新日:

 製作発表の直後から話題の一本が13日から公開となる。2012年に76歳で亡くなった若松孝二監督とともに映画に青春を捧げた、若松プロダクションの面々による群像劇「止められるか、俺たちを」だ。メガホンを取ったのは、20歳で若松門下となった白石和彌監督(43)。初期の若松プロで活躍した先輩たちと一緒に腹を抱えてげらげら笑った、在りし日の出来事を熱量たっぷりに描いている。

 門脇麦が演じる主人公の吉積めぐみは、実在した女性。21歳で若松プロに参加した直後から「女学生ゲリラ」「処女ゲバゲバ」と2本同時撮りの現場に入る。ピンク映画の仕事を覚え、その後は自身の監督作品も手がけるが、買い手がつかず、お蔵入り。1971年に23歳の若さで謎の死を遂げている。

 白石監督は、弟子入りした年齢も含め、「めぐみさんと僕は似ている」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る