在りし日の若松プロを映画に 愛弟子だった白石監督に聞く

公開日:

 製作発表の直後から話題の一本が13日から公開となる。2012年に76歳で亡くなった若松孝二監督とともに映画に青春を捧げた、若松プロダクションの面々による群像劇「止められるか、俺たちを」だ。メガホンを取ったのは、20歳で若松門下となった白石和彌監督(43)。初期の若松プロで活躍した先輩たちと一緒に腹を抱えてげらげら笑った、在りし日の出来事を熱量たっぷりに描いている。

 門脇麦が演じる主人公の吉積めぐみは、実在した女性。21歳で若松プロに参加した直後から「女学生ゲリラ」「処女ゲバゲバ」と2本同時撮りの現場に入る。ピンク映画の仕事を覚え、その後は自身の監督作品も手がけるが、買い手がつかず、お蔵入り。1971年に23歳の若さで謎の死を遂げている。

 白石監督は、弟子入りした年齢も含め、「めぐみさんと僕は似ている」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る