「中学聖日記」初回惨敗で 岡田健史に課せられた2つの使命

公開日:

 ヒロインを務めたNHK朝ドラ「ひよっこ」の続編が発表され、ノリにノッてる有村架純(25)だが、目下の主演作がまさかの惨敗スタートとなった。

 TBS系ドラマ「中学聖日記」(火曜22時~)の初回(9日放送)視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。21時台の人気番組「マツコの知らない世界」からそのまま客を引っ張ってこれず、目も当てられない数字を出しちゃったのである。

■タイトルも敗因か

 有村演じる新米中学教師と10歳年下の教え子との“禁断の愛”を描く本作。一体、何が悪かったのか。放送ライターの堀江南氏は、「AVまがいのタイトルが良くなかったのではないか」とこう続ける。原作である同名コミックに準じた格好だが、「かつて『高校教師』(93年)や『魔女の条件』(99年)などで描かれた設定で新鮮さに欠けていたふしもある。しかも、有村と恋に落ちる中学生を演じるのが、19歳の新人俳優という売り文句。高校生役ならまだしも年齢設定に無理を感じ、タイトルと相まって静観した人は少なくなかったのだと思います」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る