「火花」出演 門脇麦が共感したヒロインの“複雑な乙女心”

公開日: 更新日:

 昨年、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(35)の小説「火花」が処女作ながら芥川賞を受賞。251万部を超える大ベストセラーとなった「火花」はドラマ化され、6月3日から「NETFLIX」で190カ国同時配信を開始する。

 主人公の売れない芸人・徳永(林遣都)は事務所の違う先輩芸人・神谷(波岡一喜)に惚れて弟子入り。神谷と同棲し、神谷を経済的にも精神的にも支える女性・真樹役を務めたのが門脇麦(23)だ。原作同様、ドラマでも「女神」のような存在として描かれた真樹を演じた門脇に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 原作の「火花」を読んだときは、丁寧に丁寧に2人の気持ちを描いていて、匂いまで漂ってくるような、1カ所をつついたら壊れてしまいそうなくらい脆くて繊細でビビッドな作品だと思いました。本は好きで「火花」も読みたかったんですけど、あまのじゃくなので話題になっているものに手を出すのが悔しく、ほとぼりが冷めてから読んでみよう、と思っていたらオファーをいただいたので読みました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る