大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

市川崑作に続く? 河瀬直美監督に求められる東京五輪映画

公開日: 更新日:

 2020年に開催される東京五輪公式映画の監督に、「あん」などで知られる河瀬直美氏が抜擢された。これは意外だった。

 宮崎駿監督や北野武監督らの名前も挙がっていたと思うが、結果的に河瀬監督がその大任の座を射止めたことになる。

 作風より、世界的な知名度のほうが優先されたのだろう。カンヌ国際映画祭などで受賞歴がある。五輪に対する考え方なども考慮されたらしい。五輪への姿勢が組織委員会と合致したとみるのが自然だ。推測するに、その姿勢の評価がかなり高かったのではないか。

 五輪映画で思い出すのは、市川崑監督の「東京オリンピック」(1965年公開)だ。素晴らしい作品だった。芸術性優先のあまり、一部の政治家から批判が起きたことでも知られるが、とにかく感動的で美しい作品との印象が強い。


 歴史に残る名曲のオリンピック・マーチ(古関裕而作曲)に乗って、整然と行進する開会式の選手団入場のシーンは、胸をかきむしられるほど見事で何度見ても涙が出る。さりげなく、一般観客の姿をとらえた数々のシーンの臨場感。なかには外国人カップルのラブシーンもあって、肝心要の試合に引けをとらないくらい周辺の描写に抜きんでた面白さがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る