大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

市川崑作に続く? 河瀬直美監督に求められる東京五輪映画

公開日: 更新日:

 2020年に開催される東京五輪公式映画の監督に、「あん」などで知られる河瀬直美氏が抜擢された。これは意外だった。

 宮崎駿監督や北野武監督らの名前も挙がっていたと思うが、結果的に河瀬監督がその大任の座を射止めたことになる。

 作風より、世界的な知名度のほうが優先されたのだろう。カンヌ国際映画祭などで受賞歴がある。五輪に対する考え方なども考慮されたらしい。五輪への姿勢が組織委員会と合致したとみるのが自然だ。推測するに、その姿勢の評価がかなり高かったのではないか。

 五輪映画で思い出すのは、市川崑監督の「東京オリンピック」(1965年公開)だ。素晴らしい作品だった。芸術性優先のあまり、一部の政治家から批判が起きたことでも知られるが、とにかく感動的で美しい作品との印象が強い。


 歴史に残る名曲のオリンピック・マーチ(古関裕而作曲)に乗って、整然と行進する開会式の選手団入場のシーンは、胸をかきむしられるほど見事で何度見ても涙が出る。さりげなく、一般観客の姿をとらえた数々のシーンの臨場感。なかには外国人カップルのラブシーンもあって、肝心要の試合に引けをとらないくらい周辺の描写に抜きんでた面白さがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る