大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

大杉漣さん主演作が盛況 映画「教誨師」に込められた思い

公開日: 更新日:

 この2月に亡くなった大杉漣さん主演作の「教誨師(きょうかいし)」がヒットしている。6日の公開以降、都内の有楽町スバル座では満席の回も出ており、満面に笑みを浮かべて喜んでいるであろう大杉さんの姿が目に浮かんでくる。

 大杉さんは、死刑囚と定期的に面談をする教誨師を演じる。本作の教誨師は、クリスチャンの牧師でもある。対する死刑囚は6人。映画は、教誨師と死刑囚の2人の対話でほぼ全編が進む。余分な話、描写がほとんど入り込まず、全く大胆な構成である。

 死刑囚は皆、さまざまな思いを抱いて教誨師と会話をする。2人がそれぞれ話を続けていくうちに、おのおのが犯した罪の茫洋とした形と現在の考え方、接し方などが見えてくる。ただ、罪の具体性はわからない。罪の具象は観客の想像力に委ねていくから、通常の犯罪劇とはまるで違う。


 だから、次第に俳優陣の演技そのものが、映画の中心点にくることがわかってくる。大杉さんと烏丸せつこ、光石研古舘寛治らベテラン勢が繰り広げる緊迫感あふれる演技からは、演じることの原点が詰まっているかのような印象を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る