エロスとタナトス…三島文学に夢幻能で迫る「豊饒の海」

公開日: 更新日:

 清顕の「夢」は腐敗した政財界へのテロを決行しようとする右翼青年・飯沼勲(宮沢氷魚)、官能的なタイの王女ジン・ジャン(田中美甫)、そして悪魔的な少年・安永透(上杉柊平)へと時空を超えて転生していく。

 能舞台のような簡素な素舞台。ロンドン演劇界の俊英、マックス・ウェブスターの演出は夢幻能のように光と影の陰影の深さを際立たせた静謐な日本の伝統美を基調とした。

 20歳で夭逝した清顕と醜く老いさらばえ死んでいく本多の虚無は三島のエロス(生)とタナトス(死)の結実だろう。

 存在感に満ちた演技で清顕の虚無を体現した東出。青年時代の本多を大鶴佐助、中年時代の本多を首藤康之、そして老年時代の本多は笈田ヨシが、それぞれ独自の個性を発揮し見事に演じ切った。

 この小説を書き終えた三島はその足で陸上自衛隊市ケ谷駐屯地に赴き、割腹自殺を遂げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  10. 10

    「引退危機」の声も… 阪神・藤浪に今オフメジャー挑戦案

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る