エロスとタナトス…三島文学に夢幻能で迫る「豊饒の海」

公開日: 更新日:

 大胆極まりない企画だ。原作は三島由紀夫の遺作「豊饒の海」。「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4部作からなる大河小説だ。それを2時間45分の舞台にまとめる試みなのだから、無謀ともいえる。しかし、その果敢な挑戦が奏功し三島美学に迫る見事な舞台となった。

 脚本は長田育恵。もともと評伝劇を得意とする長田だが、この作品を通して三島の評伝を描いたともいえる。

 物語の軸となるのは驕慢な貴族の美青年・松枝清顕(東出昌大)の輪廻転生。彼は宮家と婚約を交わした華族令嬢・綾倉聡子(初音映莉子)を寝取るという禁忌を犯し、自滅する。彼が残した「今、夢を見ていた。又、会うぜ。きっと会う。滝の下で」という言葉を信じ、彼の転生を追い求め、翻弄され続けるのが親友・本多繁邦。明治末から1975年までおよそ60年間にわたる彼の数奇な運命が展開する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  10. 10

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る