エロスとタナトス…三島文学に夢幻能で迫る「豊饒の海」

公開日: 更新日:

 大胆極まりない企画だ。原作は三島由紀夫の遺作「豊饒の海」。「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4部作からなる大河小説だ。それを2時間45分の舞台にまとめる試みなのだから、無謀ともいえる。しかし、その果敢な挑戦が奏功し三島美学に迫る見事な舞台となった。

 脚本は長田育恵。もともと評伝劇を得意とする長田だが、この作品を通して三島の評伝を描いたともいえる。

 物語の軸となるのは驕慢な貴族の美青年・松枝清顕(東出昌大)の輪廻転生。彼は宮家と婚約を交わした華族令嬢・綾倉聡子(初音映莉子)を寝取るという禁忌を犯し、自滅する。彼が残した「今、夢を見ていた。又、会うぜ。きっと会う。滝の下で」という言葉を信じ、彼の転生を追い求め、翻弄され続けるのが親友・本多繁邦。明治末から1975年までおよそ60年間にわたる彼の数奇な運命が展開する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る