【追悼】高取英さん 過激で心優しき異端の劇詩人

公開日:

 人気劇団「月蝕歌劇団」の代表である劇作家・演出家の高取英さんが26日、虚血性心疾患のため世田谷区の自宅で亡くなった。享年66。 

 1982年に演劇舎螳螂が初演した「聖ミカエラ学園漂流記」は高取さんの代表作。聖地エルサレム奪回のために大人たちに利用された少年十字軍と、時空を超えて日本帝国海軍と合体する現代のミカエラ学園の少女たちを二重写しに、「神(権力)殺し」に立ち上がるセーラー服の少女たちを描いた「反逆の堕天使ロック」(高取談)。時空を往還しながら、あり得たかもしれないもうひとつの歴史から現代を照射する奇想の「高取史劇」は80年代小劇場演劇ブームの先駆けとなった。86年には自ら、劇団「月蝕歌劇団」を旗揚げし、「女神ワルキューレ海底行」「帝国月光写真館」「寺山修司 過激なる疾走」など多数の脚本・演出を行った。

 自作のほかに、寺山修司、澁澤龍彦、埴谷雄高、沼正三、江戸川乱歩らの幻想文学や、竹宮惠子、梶原一騎、新田たつお、つげ義春らのマンガ作品を演劇化。美少女たちが大挙して出演し、血のり飛び交う耽美とエロスとロマンチシズムあふれる舞台は「暗黒の宝塚」と称された。 多くの物語に通底するのは斃れてもなお諦めず、世代を超えて未来に革命の意志をつないでいく若い少女たちの姿。そこには白土三平の「影丸」の影響があったと思う。 常に勝者の「正史」の裏に消えていった「逆賊」の側に思いを寄せるアナーキーで過激なロマンチストであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る