西内まりやにも直接オファー インスタ“一本釣り”が一般化

公開日: 更新日:

 今、芸能界で一番ホットなツールが「インスタグラム」である。12日、イベントに登場した、歌手の西内まりや(24)も「私のインスタグラムのダイレクトメッセージに直接、フランスの方から依頼をいただいたので驚きました」と語っている。どういうことかというと、西内は昨年10月に所属事務所とのトラブルから今年3月に契約を終了、7月に活動再開を発表したばかり。公の場から1年以上離れていた彼女にチャンスを与えたのはインスタ経由の直接オファー。

 インスタの“女王”とも呼ばれる渡辺直美の利用で一世を風靡したインスタは写真以外に動画掲載、メール機能もあり、ビジネスツールとしても機能しているのである。

 特にダンサーなどパフォーマー業界ではインスタからの“一本釣り”が一般化。「大手芸能事務所から直接インスタでバックダンサーの仕事の話も来るし、企業イベントや中国でのワークショップの依頼も届きます。『あなたを中国に呼ぶにはいくら必要ですか?』なんて直訳メッセージから始まって、ちゃんと航空券が届くんです」(あるダンサー)というのだから、驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る