西内まりやにも直接オファー インスタ“一本釣り”が一般化

公開日:

 今、芸能界で一番ホットなツールが「インスタグラム」である。12日、イベントに登場した、歌手の西内まりや(24)も「私のインスタグラムのダイレクトメッセージに直接、フランスの方から依頼をいただいたので驚きました」と語っている。どういうことかというと、西内は昨年10月に所属事務所とのトラブルから今年3月に契約を終了、7月に活動再開を発表したばかり。公の場から1年以上離れていた彼女にチャンスを与えたのはインスタ経由の直接オファー。

 インスタの“女王”とも呼ばれる渡辺直美の利用で一世を風靡したインスタは写真以外に動画掲載、メール機能もあり、ビジネスツールとしても機能しているのである。

 特にダンサーなどパフォーマー業界ではインスタからの“一本釣り”が一般化。「大手芸能事務所から直接インスタでバックダンサーの仕事の話も来るし、企業イベントや中国でのワークショップの依頼も届きます。『あなたを中国に呼ぶにはいくら必要ですか?』なんて直訳メッセージから始まって、ちゃんと航空券が届くんです」(あるダンサー)というのだから、驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る