西内まりやにも直接オファー インスタ“一本釣り”が一般化

公開日: 更新日:

 今、芸能界で一番ホットなツールが「インスタグラム」である。12日、イベントに登場した、歌手の西内まりや(24)も「私のインスタグラムのダイレクトメッセージに直接、フランスの方から依頼をいただいたので驚きました」と語っている。どういうことかというと、西内は昨年10月に所属事務所とのトラブルから今年3月に契約を終了、7月に活動再開を発表したばかり。公の場から1年以上離れていた彼女にチャンスを与えたのはインスタ経由の直接オファー。

 インスタの“女王”とも呼ばれる渡辺直美の利用で一世を風靡したインスタは写真以外に動画掲載、メール機能もあり、ビジネスツールとしても機能しているのである。

 特にダンサーなどパフォーマー業界ではインスタからの“一本釣り”が一般化。「大手芸能事務所から直接インスタでバックダンサーの仕事の話も来るし、企業イベントや中国でのワークショップの依頼も届きます。『あなたを中国に呼ぶにはいくら必要ですか?』なんて直訳メッセージから始まって、ちゃんと航空券が届くんです」(あるダンサー)というのだから、驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る