今度はリップをプロデュース 渡辺直美“商才”のカギとは

公開日:

 インスタの女王、渡辺直美(30)がコスメブランドshu uemuraからリップをプロデュース。7日、都内で発売記念イベントが行われた。

 化粧品のプロデュースは初だという渡辺は「シュウウエムラは以前から“攻めてる”会社だとは思っていましたが、一流モデルや美女を起用するのが普通なのに私を起用するなんてかなりの挑戦」と語った。

 米「TIME」の“ネット上で最も影響力のある25人”にも選出され、今やファッションアイコンとして知名度の高い渡辺だが「今もビヨンセのネタもコントもやってます。化粧品も含め、芸人からの派生でサプライズを届けたい」と立ち位置はあくまで芸人であることをアピールした。

 リップは他のコスメブランドにはない“色み”が好評で、発売1週間にしてすでにネットで何度も品切れしたというほど。自身のアパレルブランド「PUNYUS」は、ぽっちゃり女子だけでなく、10代女性にも人気である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る