城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

“空中分解”が現実に…「オフィス北野」がそれでも残るワケ

公開日: 更新日:

 ことし初め、自分がオーナーといっていい「オフィス北野」から離れたビートたけし(71)。個人事務所での活動をスタートさせ、オフィス北野に残った格好のたけし軍団をはじめとするタレントやマネジャーの去就が騒動となった。

 ここにきて、たけしとも“モメた”といわれる、オフィス北野の森昌行社長(65)が、11月いっぱいで退社するという。

 芸能マスコミの多くが当初からオフィス北野は“空中分解”するのではないかと危惧していたが、その通りになっていきそうだ。

 最近では、所属タレントの広報的存在としてメディアに対応し、ブログなどでの発信を続けていた、浅草キッドの水道橋博士が体調不良で活動休止、過労などが理由というが、メンタルな面も含めて復帰は未定で、相方の玉袋筋太郎は事務所を退社するという。仲が悪いわけではなく、コンビを解消するわけではない。これまでも、それぞれ単独の仕事が多かったが、今後はますます別活動が中心になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る