夜の部「法界坊」猿之助筆頭にワンピース一座の若手が活躍

公開日: 更新日:

 11月の歌舞伎座は、豪華な顔ぶれが揃うはずの「顔見世」だが、今年は京都・南座、平成中村座、国立劇場で公演があるせいか、大幹部は菊五郎と吉右衛門だけと寂しく、客は正直なので、客席も寂しい。

 昼の部の最初は、川口松太郎作「お江戸みやげ」。すべてが予定調和のなかで進む、何の意外性もない物語。歌舞伎でなかったら、ばからしくて見ていられないストーリーだが、役者がいいので面白い。梅枝と右近が若いカップルを等身大で演じ、このリアルさと、時蔵と又五郎の徹底的な虚構とが、どうでもいいストーリーを見応えのあるものにさせる。

「十六夜清心」は、長い物語の一部だけの「見取り」での上演。物語の導入部、主役たちが揃ったところで幕切れ。一緒に見た友人は「歌舞伎がこんなにシュールだとは」と驚いていた。たしかに、これで終わりだとしたらシュールだ。見取りはストーリーの面白さを楽しむのではなく、名優の芸を見るための上演形態で、たしかに菊五郎、吉右衛門、時蔵の芸の力は感じさせるが、演劇としての面白さはない。続きを見たいという不満が残ってしまう。こういう上演形態は、そろそろ限界ではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る