市川右近が国立劇場デビュー 父・右團次にご褒美おねだり

公開日: 更新日:

 11月の歌舞伎公演「通し狂言 名高大岡越前裁」で国立劇場(東京・半蔵門)デビューを飾る市川右近(8)。

 父である歌舞伎俳優の市川右團次(54)が初舞台で演じた役(大岡越前の息子・忠右衛門)に挑むのだが、1日に臨んだ公開舞台稽古(4幕目)は実に堂々としたものであった。30分近くにわたって舞台中央で正座し続け、切腹シーンを披露。「父上と一緒に死ねるのならほんもう~」とセリフも見事に決めたのだ。

 先月は大阪松竹座で昼夜ともに出演。囲み取材中に「ご褒美が楽しみ」と隣のパパにさりげなくおねだりし、小学生らしい一面ものぞかせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る