前作ワンピース以上 新作歌舞伎の意義示した「ナルト」

公開日:

 歌舞伎座が「納涼歌舞伎」、新橋演舞場が新作歌舞伎「NARUTO―ナルト―」と、2劇場で若手が競い、新作も合計3作。そのなかでは「ナルト」が圧倒的に面白い。「ワンピース」に次いでの「少年ジャンプ」マンガの歌舞伎化だ。

 ワンピースは歌のないミュージカルのようで、歌舞伎と呼ぶには違和感があったが、ナルトは現代に新作として作る意味のある歌舞伎となっている。パラレルワールドではあるが戦国時代が舞台で、忍者が主人公なので、ワンピースよりは歌舞伎の世界に近い。歌舞伎と銘打つのなら、昔の日本が舞台で、音楽は洋楽を交えてもいいが基本は邦楽にして欲しいので、この条件を満たす。現代風のスピーディーなアクションによって、歌舞伎が活劇であることを再認識させてくれた。

 主人公のナルトは坂東巳之助、ライバルのサスケは中村隼人で、ともにワンピースに出演して注目された平成生まれの若手。ワンピースは尾上右近を含め、3人の若手をスターにしたわけで、若手育成における猿之助の功績は大きい。猿之助自身もナルトにはラスボス的な役で、毎日ではないが愛之助と交互に出演し、さらに猿之助一門の猿弥、笑三郎、笑也が若い3人を支えた。また、若女形の中村梅丸が見事に開花した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る