前作ワンピース以上 新作歌舞伎の意義示した「ナルト」

公開日:

 歌舞伎座が「納涼歌舞伎」、新橋演舞場が新作歌舞伎「NARUTO―ナルト―」と、2劇場で若手が競い、新作も合計3作。そのなかでは「ナルト」が圧倒的に面白い。「ワンピース」に次いでの「少年ジャンプ」マンガの歌舞伎化だ。

 ワンピースは歌のないミュージカルのようで、歌舞伎と呼ぶには違和感があったが、ナルトは現代に新作として作る意味のある歌舞伎となっている。パラレルワールドではあるが戦国時代が舞台で、忍者が主人公なので、ワンピースよりは歌舞伎の世界に近い。歌舞伎と銘打つのなら、昔の日本が舞台で、音楽は洋楽を交えてもいいが基本は邦楽にして欲しいので、この条件を満たす。現代風のスピーディーなアクションによって、歌舞伎が活劇であることを再認識させてくれた。

 主人公のナルトは坂東巳之助、ライバルのサスケは中村隼人で、ともにワンピースに出演して注目された平成生まれの若手。ワンピースは尾上右近を含め、3人の若手をスターにしたわけで、若手育成における猿之助の功績は大きい。猿之助自身もナルトにはラスボス的な役で、毎日ではないが愛之助と交互に出演し、さらに猿之助一門の猿弥、笑三郎、笑也が若い3人を支えた。また、若女形の中村梅丸が見事に開花した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る