• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前作ワンピース以上 新作歌舞伎の意義示した「ナルト」

 歌舞伎座が「納涼歌舞伎」、新橋演舞場が新作歌舞伎「NARUTO―ナルト―」と、2劇場で若手が競い、新作も合計3作。そのなかでは「ナルト」が圧倒的に面白い。「ワンピース」に次いでの「少年ジャンプ」マンガの歌舞伎化だ。

 ワンピースは歌のないミュージカルのようで、歌舞伎と呼ぶには違和感があったが、ナルトは現代に新作として作る意味のある歌舞伎となっている。パラレルワールドではあるが戦国時代が舞台で、忍者が主人公なので、ワンピースよりは歌舞伎の世界に近い。歌舞伎と銘打つのなら、昔の日本が舞台で、音楽は洋楽を交えてもいいが基本は邦楽にして欲しいので、この条件を満たす。現代風のスピーディーなアクションによって、歌舞伎が活劇であることを再認識させてくれた。

 主人公のナルトは坂東巳之助、ライバルのサスケは中村隼人で、ともにワンピースに出演して注目された平成生まれの若手。ワンピースは尾上右近を含め、3人の若手をスターにしたわけで、若手育成における猿之助の功績は大きい。猿之助自身もナルトにはラスボス的な役で、毎日ではないが愛之助と交互に出演し、さらに猿之助一門の猿弥、笑三郎、笑也が若い3人を支えた。また、若女形の中村梅丸が見事に開花した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る