既婚の事実をあえて公表 「back number」のロックな哲学

公開日:

 3人組の人気ロックバンド、back numberのボーカル&ギター・清水依与吏(34)が既婚者で、妻子がいることを報じたのは先週の写真誌「フライデー」。同誌では、清水が車で幼稚園に妻と子供を迎えに行く様子などを掲載。2014年に地元・群馬の友人だった一般女性と結婚していたことが明らかになった。

 報道を受け、清水は15日、同バンドの公式サイトで結婚の事実を発表。これまで伏せていた理由について、「自分達の私生活を公の場でベラベラ話す事はその美学に反しますし、聴く人に要らぬ先入観を与える事になりかねないので、極力避けてきました」と説明。また、メンバーのベースの小島和也(34)も既婚者であることを報告した。

 今やすっかり売れっ子になったback number。曲の歌詞は悲しい恋模様が多いが、若い世代を中心に圧倒的人気を誇っている。先ごろには初のドームツアーを成功させ、新曲「オールドファッション」が話題のTBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の主題歌に起用されるなど、その勢いは止まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る