乙武氏、田中萌アナも…まるで刑事罰「ゲス不倫」の代償

公開日: 更新日:

 流行語大賞に選ばれてもおかしくなかった「ゲス不倫」。1月に発覚したベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音を皮切りに、今年は最後の最後まで不倫ラッシュとなった。

 桂文枝、石井竜也、とにかく明るい安村、ファンキー加藤、三遊亭円楽、中村橋之助……。その中でも“ゲスっぷり”が際立ったのが、妻が妊娠中に女性タレントと不倫した元国会議員の宮崎謙介氏。さらには、5人もの女性と不倫していたことを認めた乙武洋匡氏だ。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「不倫に対して世の中が厳しいということがよくわかった一年でした。会見して謝罪して、番組はすべて降板し、損害賠償の対象にもなる。まるで“刑事罰”のようです。対応を間違えると、本当に致命傷になってしまう。宮崎氏の場合、すぐに議員を辞めたから、被害は最小限で済んだ。乙武氏もすべてを失いましたが、最近は復帰しましたし、ある意味、世の男性に勇気を与えたかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る