乙武氏、田中萌アナも…まるで刑事罰「ゲス不倫」の代償

公開日: 更新日:

 流行語大賞に選ばれてもおかしくなかった「ゲス不倫」。1月に発覚したベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音を皮切りに、今年は最後の最後まで不倫ラッシュとなった。

 桂文枝、石井竜也、とにかく明るい安村、ファンキー加藤、三遊亭円楽、中村橋之助……。その中でも“ゲスっぷり”が際立ったのが、妻が妊娠中に女性タレントと不倫した元国会議員の宮崎謙介氏。さらには、5人もの女性と不倫していたことを認めた乙武洋匡氏だ。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「不倫に対して世の中が厳しいということがよくわかった一年でした。会見して謝罪して、番組はすべて降板し、損害賠償の対象にもなる。まるで“刑事罰”のようです。対応を間違えると、本当に致命傷になってしまう。宮崎氏の場合、すぐに議員を辞めたから、被害は最小限で済んだ。乙武氏もすべてを失いましたが、最近は復帰しましたし、ある意味、世の男性に勇気を与えたかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る