寄らば大樹…“炎上”真木よう子事務所移籍でドラマ主演獲得

公開日:  更新日:

「やっぱり事務所パワーは大きい」との声が上がるのが、女優の真木よう子(36)。来年1月スタートのテレビ東京系「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」で、1年半ぶりの連ドラ主演が報じられた。12月15日夜9時からのNHK土曜ドラマスペシャル「炎上弁護人」への主演も発表されており、数々のトラブルを乗り越えての復活となるか注目される。

 真木は今年9月、大手芸能プロ「レプロエンタテインメント」とのマネジメント契約を締結。新垣結衣、長谷川京子らの所属する大手で、歌手で女優のん(元・能年玲奈)らが契約問題でもめる騒動が続いたことでも知られるが、のんサイドはこのほど謝罪し和解を申し入れ、レプロ側と極秘会談したと報じられた。芸能プロデューサーの野島茂朗氏が言う。

「のんには、来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』出演の話が取り沙汰され、それを実現するためにも、前事務所とのトラブル解決に動いたようです。『あまちゃん』の大ヒットでブレークした芸名・能年玲奈は本名でもあるのですが、独立後は改名し芸能活動は続けてはいたものの、地上波ドラマへの出演はないままですから。ドラマ出演、とりわけ主役は基本的に事務所の政治力で決まりますからね。大手芸能プロは、民放の社員プロデューサーが接待したり、お伺いを立てたりしている。テレビ局よりも順列が上というくらいなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る