映画降板の真木よう子 ダウン原因はエゴサーチやり過ぎ?

公開日:

 体調不良で映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(来年公開予定)の降板が明らかになった女優の真木よう子(35)。代役については板谷由夏(42)に決定したが、気になるのは真木の降板理由だ。

 所属事務所は現状のコンディションでは長期にわたる撮影が難しいと説明しているが……。

「体というよりは、メンタルの部分が大きいのでは」というのは芸能プロ関係者だ。どういうことかというと、真木は今夏の主演ドラマ「セシルのもくろみ」の低視聴率について書かれた批判記事に「向かい風上等よ!」とツイッターで気炎を上げるなどネットに流れる記事や風評を異常に気にする性格だという。

「性格は繊細なのに自分の名前をエゴサーチするのが習慣化。そこにコミケ出店騒動、育児放棄で男遊びとまで報じられメンタルはボロボロ。撮影どころじゃないのが本音では」(前出の関係者)

 復帰まで時間を要すかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る