映画降板の真木よう子 ダウン原因はエゴサーチやり過ぎ?

公開日: 更新日:

 体調不良で映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(来年公開予定)の降板が明らかになった女優の真木よう子(35)。代役については板谷由夏(42)に決定したが、気になるのは真木の降板理由だ。

 所属事務所は現状のコンディションでは長期にわたる撮影が難しいと説明しているが……。

「体というよりは、メンタルの部分が大きいのでは」というのは芸能プロ関係者だ。どういうことかというと、真木は今夏の主演ドラマ「セシルのもくろみ」の低視聴率について書かれた批判記事に「向かい風上等よ!」とツイッターで気炎を上げるなどネットに流れる記事や風評を異常に気にする性格だという。

「性格は繊細なのに自分の名前をエゴサーチするのが習慣化。そこにコミケ出店騒動、育児放棄で男遊びとまで報じられメンタルはボロボロ。撮影どころじゃないのが本音では」(前出の関係者)

 復帰まで時間を要すかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る