激ヤセ、降板…真木よう子「独立騒動」で気になる今後

公開日: 更新日:

 真木よう子(35)が所属事務所を辞める手続きが完了したと発売中の「女性自身」が報じている。

 真木は、昨年夏の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が9話で打ち切りになると、8月にはクラウドファンディングによるセルフ出版&コミケ販売計画を告知しネットで炎上。11月には出演予定だった映画も体調不良を理由にドタキャンと世間を騒がせてきたが、その背景には“事務所との確執”があったという。

 同誌によると問題は待遇面。ここ10年、ドラマの主演女優にまで上り詰めたにもかかわらずギャラが極端に少なく、契約更改のたびにモメていたという。そこへきて、コミケ騒動が炎上した際に事務所は何一つ真木を守らなかったため、信頼していた事務所に“ダマされた”という感情的なわだかまりも。一人批判にさらされ、心労で激ヤセしたのが真相だというのだ。

 所属事務所のフライングボックスは、その昔、鷲尾いさ子(50)や川原亜矢子(46)らモデル系タレントが所属していたが、現在は真木がダントツの稼ぎ頭。ホームページには真木のページがあり、現在も資生堂の広告など契約中のものが3社ほどある。昨年9月ごろから事務所と話し合いが行われ、年明けに手続きが完了したというが……。本紙もフライングボックスに直接問い合わせたところ、期日までに回答は得られなかった。

 女優としての実力はもちろん、年齢を感じさせない雰囲気で女性人気も高い真木だけに、今後は個人で女優活動を再開するのではとの見方が有力だ。クラウドファンディングでも、たった5日間で610人、600万円を集めた実績のある真木なら前事務所以上の支援者も現れるのでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか