• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激ヤセ、降板…真木よう子「独立騒動」で気になる今後

 真木よう子(35)が所属事務所を辞める手続きが完了したと発売中の「女性自身」が報じている。

 真木は、昨年夏の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が9話で打ち切りになると、8月にはクラウドファンディングによるセルフ出版&コミケ販売計画を告知しネットで炎上。11月には出演予定だった映画も体調不良を理由にドタキャンと世間を騒がせてきたが、その背景には“事務所との確執”があったという。

 同誌によると問題は待遇面。ここ10年、ドラマの主演女優にまで上り詰めたにもかかわらずギャラが極端に少なく、契約更改のたびにモメていたという。そこへきて、コミケ騒動が炎上した際に事務所は何一つ真木を守らなかったため、信頼していた事務所に“ダマされた”という感情的なわだかまりも。一人批判にさらされ、心労で激ヤセしたのが真相だというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る