井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

映画屋は知っている “一服休憩”は生産性も芸術性も高める

公開日:

「映画なんか撮ってると、ワンカットが終わるごとにたばこを吸いたくなりません?」とよく聞かれる。そら吸いたいさ。そんな時は助監督が横で一服つけるのを見るや、2本指を差し出し、ほんの一服だけ先にもらった。役者のせりふ回しがわざとらしかったり、カメラアングルが決まらなかったり、撮影中のイライラを吹っ飛ばしてくれるのは一服しかない。

 でも、「ちょっと一服できる」あの檻のような喫煙所さえ、職場から消え始めているという。社員がその檻にたばこ休憩をしに行くだけで仕事の生産性が減ると、アメリカのどこかのバカな研究所が言いだしたのだ。社員1人がたばこ休憩を取ると、年間で4500ドル(50万円)ほど、会社の損失が出るのだとか。50万円はウソだろ。たばこを吸わないで職場に何の楽しみがあるんだ。それだけで仕事に差し障るぞ。

 狭苦しい檻の中でもたばこを吸い、集まった仲間で「ゆうべ、飲み屋で、あの部長が女から別れ話を出されたって言いだしてよ」とワイワイ話してから営業回りに出かけた方が仕事が弾むというもんだ。映画現場なら、生産性どころか、芸術性までガタ減りして「たばこ吸わさんと次のカット準備しないぞ」とストライキが起こるだろう。クソな調査研究をするご時世になったもんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る