井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

セクハラ規定に苦笑…オレが社員なら即日、クビにされるわ

公開日:

 誰がそうさせてしまったのか。再検証しないとふにゃふにゃヘロヘロの社会になりだしてるぞ。

 有名企業に勤める、やっと世間が見えてきた感じの30歳前の社員2人に、飲み屋で「小さい頃からファンです。一緒にいかがですか」と声かけられ、悪い気もしなかったので同席した。

「好きなこと言うてええぞ。正義なんか語らんでええから」と念を押すと、彼らは職場の不満大会を始めた。今はやりの社内「パワハラ」「セクハラ」についてだが、ここは異次元の世界かと耳を疑った。

「気のいい課長で、ボスらしく頼もしかったんですが、部下の意見を聞かずに自分の意のまま仕事を部下に押し付けた『罪』で、田舎の支店に飛ばされました」

 と、彼らは「罪」とまで言って苦笑した。

「撮影現場でチーフ助監督から、日大か早大卒の映画のエも知らない青二才のフィフス(5番目の)助手が『今すぐ、次のカット用に、大阪名物の喜八洲の酒饅頭を10個買ってこい』と命じられ、『それは小道具係の仕事だし、ボクは調べものをしたいので、今2つも無理です』なんて言い返したら、『バカモンが!』とケツを蹴り上げられ、多分、井筒組じゃ3日持たんわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る