糟糠の妻が死去…細川たかしに見え隠れする「心のこり」

公開日:

 演歌の大御所、細川たかし(68)の妻和子さんが11月23日に亡くなっていた。享年70。故人の遺志により葬儀は近親者で済ませたそうで、細川は報道各社への文書でこうコメントした。

「1975年のデビュー前から陰ながら支え続けてくれた妻を亡くし言葉にならない悲しみではありますが、『いつも明るいたかしさんで』が妻の口癖でしたので、今後も明るい細川たかしで頑張ってまいりたいと存じます」――。

 連れ添った45年間は、順風満帆な日々ばかりではなかったと、細川に詳しいある芸能関係者はこう言う。

「札幌での下積み時代、ススキノのナイトクラブで細川が一目惚れしたスレンダータイプの美女が和子さん。いつも細川を一番に考えて、陰で支え続けた方でした。そんな和子さんは、家族思いからでしょうけど、財テクに手を出して結構な額の負債を抱えてしまったこともあるんです。それを細川は自分ひとりで背負い込もうとした。そうした事情も長年所属していた大手芸能プロからの独立へとつながっていった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る