おっさんからクズ人間まで 田中圭“変幻自在”演技力の源泉

公開日: 更新日:

 主演ドラマ「おっさんずラブ」以来、ドラマやバラエティーに引っ張りだこの田中圭が、ド偉いことをやってのけた。12月15~16日にAbemaTVで24時間生出演する特別番組「田中圭24時間テレビ」が放送され、番組中で30人以上の豪華ゲストと1本のドラマ「くちびるWANTED」を作り上げた。これが総視聴者数350万人を超え、ウェブサイト「ザテレビジョン」が調査・発表している視聴熱ランキングではデイリーランキング1位を獲得したのだ。

 相変わらずの人気ぶりだが、出演していた10月期ドラマ「獣になれない私たち」は、前評判の割に視聴率は全話平均で8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低迷した。ダブル主演の新垣結衣と松田龍平の恋がなかなか進展しないことに視聴者がイライラしたことが一因ともいわれる。

「田中の役どころはヒロインの恋人、しかも徹底的なクズ人間。主人公と争った末に恋に破れる役を演じたら光る田中には最適な役で、今回もそれを完璧に演じた。田中ファンからすれば、“そんなクズすぎる田中君を見たくない”、新垣ファンからすれば、“そんなクズ男を捨てて早く松田龍平との恋を始めてほしい”とイライラを募らせる結果に。人気者の田中の出演シーンを延ばして数字を上げたい制作側の思惑もあった結果、途中で視聴者が逃げた面があるのは否めない」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る