田中圭「おっさんずラブ」がドラマ史に刻んだ“普遍の愛”

公開日: 更新日:

「激戦だった」(杉田成道選考委員長)という「東京ドラマアウォード2018」を制したのは男だらけの純愛コメディー、テレビ朝日系「おっさんずラブ」(18年4月期)である。

 25日に行われた授賞式で作品賞(連続ドラマ部門)のグランプリに輝いた同作。自身も主演男優賞に輝いた田中圭(34)は「史上最低の視聴率でグランプリを取ったと思いますが、逆に誇れる。数字を恐れず、自分たちが描きたいものを貫く作品が増えたら」と力強く喜びを語った。

 授賞式には、今月16日に夫であるV6岡田准一(37)との間に生まれた第1子の出産を発表して以来、初の公の場となった宮崎あおい(32)や、TBS系「アンナチュラル」(18年1月期)で主演女優賞に輝いた石原さとみ(31)ら話題性たっぷりの女優陣が出席。ドラマ同様に花を添えていたのだが、それとは一線を画す輝きと存在感を放ったのは“おっさんずラブカップル”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る