熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

公開日:

 この秋、期待度1位だったドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)、通称「けもなれ」の視聴率が予想外の低空飛行を続けている。

「逃げ恥」で知られる一昨年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の脚本家・野木亜紀子と、主演の新垣結衣(30)が再びコンビを組んだ。新垣が演じているのは、恋に、仕事に悩む独身OL。視聴者は、「逃げ恥」のようなラブコメを期待していたのに、ガッキーが上司から受けるパワハラ、取引先からの土下座強要シーンなど、重すぎる展開に引いてしまったようだ。

「ドラマの評判はイマイチですが、松田龍平や田中圭、菊地凛子、黒木華といった演技派との共演は見応えたっぷり。特に松田とのベッドシーンや過酷な職場環境の中で表情を失っていくシーン、どんどんやさぐれていくガッキーの演技はリアルの一言。女優として新たな可能性を感じさせます。ドラマの展開も予測がつかないので、終盤に向けて盛り返す可能性は大いにあります。“獣”へと変貌したガッキーをぜひとも見てみたい」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る