映画監督・塚本晋也さん リアリティー追求し本物の武士に

公開日: 更新日:

 池松壮亮主演、蒼井優がヒロインを演じて話題の時代劇「斬、」が公開中だ。メガホンを取った塚本晋也監督(58)のとっておきの一枚がこれ!

  ◇  ◇  ◇

 この写真、撮ったのは去年の4月。杉並区にある北辰一刀流玄武館の道場です。「斬、」のクランクインを前に武士の立ち居振る舞い、剣さばきを学ぶため1カ月ほど通っていた時の記念です。

 自分の作品においては自ら製作・監督・脚本・撮影・編集・出演を兼ねるスタイルでやってきました。脚本作りもそうですし、監督の自分が出演する以上、常に、よりリアリティーのある作品にするよう心がけています。舞台となる時代背景や人物像を調べるとともに役作りも大切な仕事なわけです。

 例えば2015年公開の戦争映画「野火」。人肉を食い合うような、飢餓状態の太平洋戦争の日本兵が主人公で、舞台となったのはフィリピン・レイテ島です。孤立無援、食料もまったくなくなった状況下で戦うとはどういうことか? それを知るため、元日本兵の生き残りの方々にインタビュー取材して、当時の状況や心理状態を作品作りに反映させました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る