スフィンクスの前で熱唱 岩崎宏美さんのとっておきの1枚

公開日: 更新日:

「シンデレラ・ハネムーン」「思秋期」「万華鏡」など数々のヒット曲を持つ岩崎宏美さん(60)。とっておきの写真は、1986年10月21日に撮影したこの一枚!!

 背景に写っているのはプロジェクションマッピングじゃないんです。本物のピラミッドとスフィンクス。32年前、エジプトのカイロで開催された日本文化の紹介と貿易促進を図る「ジャパン・ウイーク」のメインイベントとして、カイロ郊外ギザで行ったコンサートの中のワンショットです。

 衣装はオープニング曲「ロマンス」を歌った時なので、撮ったのはその直後。やや緊張気味なのが写真からも伝わってきますね。なにせスフィンクスの前のオフィシャルステージで歌うのはザ・ビートルズ、フランク・シナトラ、フリオ・イグレシアスに次いで4人目で、女性では初めてとのことでした。

 チャーター機で日本を発ったのはステージの4日前。主催の外務省や大手企業関係の方々のほか、川合俊一さんら男子バレーボール日本代表選手団、ミス着物のみなさんと私のコンサートのミュージシャン、バックアップスタッフ、後日発売したライブビデオ制作のスタッフなど総勢100人を超えるメンバーでした。持参したのは衣装やメーク用品、着替えなどですが、一番スペースを取り、重かったのがミネラルウオーター。大きめのスーツケースの半分を占めたほどです。当時のエジプトは飲料水事情が悪く、生水を飲むのはもちろん「歯磨きや口をゆすぐのもミネラルウオーターにしなさい」「生野菜もダメ!」と注意されて出国しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る