小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

外交評論家・岡本行夫氏は日米問題に及び腰な“現状維持派”

公開日: 更新日:

診断結果は…【不可】

「平成最後の日米首脳会談」も予定される中、平成30年間の米国と日本を振り返ったのが、12月30日のTBS系「報道の日2018」。

 この種のテーマになると必ずといっていいほどゲスト出演をするのが元外務官僚で外交評論家の岡本行夫(73)。

 北米1課長を務め、1991年退官。橋本龍太郎内閣で総理大臣補佐官として普天間返還・代替基地問題で沖縄県とも向き合ったキャリアからすれば納得のキャスティングだが、これまでの発言や著作に接する限り、問題の核心に入るとスルーする印象が強い。この日もそうだった。

 番組は開始早々、日米関係の核心的なテーマを俎上に載せた。故・翁長雄志前沖縄県知事が「日本の国会よりも上にある」と言っていた日米合同委員会だ。米側軍人と外務・法務などの課長級が参加するこの委員会は原則非公開。同委員会について岡本は「かつて自分も出席していた」と述べた上で、「米国にとってはこうるさい会議なんですよ。(主要な)やりとりは外務省のHPで公開しており、秘密裏でも何でもない」。それなら憲法よりも上にあるといわれる日米地位協定を含め分かりやすく説明すべきだが、そこは触れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る